あしたも日曜日

~40代セミリタイア夫婦のシンプルライフ~

2019北海道車中泊の旅17日目【利尻島④ オタトマリ沼と逆さ利尻富士】

逆さ利尻富士

朝4時に目が覚めたので、沼浦キャンプ場からオタトマリ沼へ移動しました。
 
静寂の中、期待通りの「逆さ利尻富士」が拝めました。 
まだ夜明け前の薄ぼんやりとした中でしたが、風がほとんどなかったので沼に波が立っておらず、無事に利尻山が映っておりました。

 

 
1時間くらいすると段々明るくなって、6時前頃が最も理想的な景色になりました。
 

f:id:asunichi:20190829155541j:plain

早朝の逆さ利尻富士
逆さ利尻山は早起きした者だけが味わえる最高のご馳走。 早朝にも拘わらず入れ替わり立ち替わり参拝者が来ていました。
 
これだけキレイなら昨日見られなかった『白い恋人の丘』も綺麗だろうと、すぐ近くなので、ついでに見てきました。こちらもバッチリ◎
 
この日は結局どこに行ってもスッキリ晴れ渡っていたので、いろんな角度の利尻山を見ることが出来ました。
 
以下、この日に利尻山が拝めたポイントをオタトマリ沼から鴛泊まで北上した順に並べています。
 
オタトマリ沼→南浜湿原→仙法志岬公園→神居海岸パーク→見返台園地→利尻空港→鴛泊フェリーターミナル
 
特に穴場と思えたのは「南浜湿原」と「利尻空港」です。

南浜湿原

こちらでは湿地越しに利尻山が拝めます。
1周0.4kmのメヌウショロ沼を囲む木道を歩いていると、いろんな植物が群生しており、一度に利尻山と植物の両方を楽しめました。
なお、駐車スペースは2台分しかないので先客がいれば入れないかもしれません。

 

f:id:asunichi:20190912082842j:plain

南浜湿原越しに拝める利尻山

利尻空港 

f:id:asunichi:20190829160039j:plain

利尻空港の送迎デッキから見える利尻富士
 
上記の写真の景色はずぅーっと独り占め。1日に2往復だけなので、発着時を避ければ空港はガラガラ。空調が聞いているのでこの日はゆっくり涼ませていただきました。もちろんトイレもきれいで安心。贅沢な穴場スポットです。
 

見返台園地
f:id:asunichi:20190829162157j:image

見返台園地へは途中まで車で行けます。駐車場から階段を上ったところに展望台があり、そこから見える利尻山は、より近くに見えてダイナミックな景観です。
 ここは登山口にもなっており、山を降りてきて休憩中という方にチラホラ遭遇しました。
たまたまかもしれませんが、こちらも駐車場が広い割にはほとんど独り占めの穴場状態でした。

寝熊岩

この日はその他、「寝熊岩」、「人面岩」、「北のいつくしま弁天宮」が固まってみられるポイントに立ち寄りました。
オッサンぽいクマが寝ている姿が上から眺められる「寝熊岩」。
鉢巻き姿の「人面岩」。これも明らかにオッサンです。
鳥居の向こうにこじんまりとしたお宮が建つ「北のいつくしま弁天宮」。
この3つがセットで見られます。
大きな感動は得られませんが、道路沿いでアクセスしやすいのでお時間のある方はどうぞ。
 

アットホームなお祭り

今日は、最後に鴛泊地区のお祭りを見てきました。
こじんまりしていて、地元の子ども達が喜ぶイベントや、カラオケ大会が催されていました。
中森明菜や、工藤静香など、懐かしい人情歌謡でやたら盛り上がっており、港ロマンを感じました。
 
 (この旅は既に終了しており、振り返ってお届けしております)

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村